LIVE History‎ > ‎

1994.12(音付)

1994.12.23    銀座・TACT

この年は、ケントスもロリポップも予約できず、銀座タクトでライブを開催。こじんまりしたライブです。でもなんで、こんな年末のぎりぎり、X'masイブ前日に開催したんだろう。忙しくてスケジューリングや手配がうまく調整できなかったんだろうな。

★1994LIVEの音源をアップロードしました。演奏曲リストの曲名をクリックしてお聴きください。また、選曲裏話も追加しました(2015.02.1)
スマホ等のモバイル系の場合、MP3ファイルを開くことができない場合があります。その場合は、MP3ファイルを開く画面からダウンロードしてお聴きいただくこともできます



左から横田、拓郎、北、聖子、島田、大和田、尾本、川居

■演奏曲リスト

■選曲裏話1(2015.1)
この年初登場のDrive My Car。ご存知Beatlesのかっこいい曲。イントロの入り方が普通じゃなくて、なかなかベースとギターが合わない。コーラスも普通の3度、4度上ではなく不協和音が多い。だからこそ、できるとかっこいいのです。こういう曲は島ちゃんから提案があります。
聖子ちゃんがこの年から歌い始めたのが「China Grove」というDoobie Brothersの名曲。聖子は男のバンド曲が合う。シャウトし、乗せてバンド全体を盛り上げる。ボサノバの名曲Mas Que NadaやジャズのスタンダードナンバーIn the moodなども彼女の提案。
こうして段々と選曲ジャンルが広がってきた。悪く言えば無節操、ごった煮の選曲。でも、僕らのライブは、どれか特定のジャンルを好きな人のためのコンサートではなく、ジャンルを超えていい曲だなあ、やりたいなあ、お客様も楽しんでくれるだろう、という曲を選ぶことを原則としています。だからこそ長年続けてこられたのかなあと思います。
あるときユーミンのFM番組を聴いていたら、ユーミンが「今のミュージシャンは気の毒だなあと思う。だって、私たちの世代までで、いいメロディーは全部使い切っているんだから。若い人たちはたとえば黄金率を使わないで、いい曲を作らなければならないわけ・・・」。一方、リスナーである僕らは、60年代初頭から70年代という、物心ついた頃から青春ど真ん中の時代に、世界のさまざまなジャンルの曲をラジオを通して聴くことができました。つまり一番感性が豊かなときに、ユーミンの言ういい音楽にさらされていたわけです。ラジオの主役は音楽番組でした。そんな音楽経験が僕らのバンドの底流に流れているのではないかと思います。ちょっと自慢です。

■選曲裏話2(2015.2.1)
このころの練習は、座間にあったホワイトスタジオや、渋谷YAMAHAのLMセンターが多かったと思います。これだけの曲数をやるので、当然、すべての曲を同じ回数だけ練習するわけではありません。それは今も同じです。やはり決めるのに時間のかかる曲が必然的に回数が増えてきます。まあ、いわば難曲への挑戦という感じですね。この年のライブの演奏曲の中で最も練習回数の多かった曲は何でしょう?Hotel California?Mas Que Nada?それぞれ決めるのに時間のかかる難曲だと思いますが違います。それ以上に練習したのは「恋の嵐」だったと思います。1988年に多恵ちゃんが歌った「もう一度」に続く竹内まりやの名曲で、この年のこの曲はは聖子ちゃんが歌いました。

なぜ練習回数多いかって?それは竹内まりやの曲を編曲しているダンナの山下達郎のせいです。このダンナはコーラス大好き人間で、一人アカペラアルバムを作ってしまうくらい。従って、こうした曲想のナンバーにはしっかり、こってりコーラスを盛るわけです。となるとコーラス大好きアラウンズもがんばるわけです。というよりも、告白しますが、バンマスは竹内まりやが好きで、なかでも「もう一度」と「恋の嵐」が、バンド的に格別好きなのです。今でも聖子ちゃんがよく語ります。オールディーズバンドに入ったはずなのに、座間のスタジオではこの曲ばかり何度も何度も歌わされた気がする。座間と言えば、♪♪ダンス、ダンス、ダンス・・・♪♪の記憶が甦ってくる、のだそうです。
20年前のこのライブの時は、うまくいかなかったなあという印象が強かったのですが、聴いてみて、何とか聴けるじゃない?努力賞は行ってるんじゃない?もう1回やっても良いんじゃないかい?という風に感じるのは私だけでしょうか?

■選曲裏話3(2015.2.1)
この年のもうひとつの難曲への挑戦。それは「恋の嵐」に続く「In the mood」。最近のAROUNDSはこの曲をベースにBrian Setzerがアレンジした「Gettin' in the mood」をよくやりますが、オリジナルをジャズコーラスにアレンジしたバージョンをここでは歌っています。言葉数の多い歌詞ですので、ゆっくりしたテンポでスローな調子のスウィングという感じです。もうちょいテンポ上げて軽快にやったほうがいいんじゃないかなと思います。でもこの曲は誰の提案だったかな。尾本かなあ?彼もジャズコーラスが好きで、Four Freshmenの曲をやりたい、Manhattan Transferの曲をやりたいとよく言っていたので、彼が選んだような気がします。 

■打ち上げのカラオケボックスで!シャウトシャウトシャウト!まだ歌い足りないのか。困ったもんです。
■ポスター