合宿の思い出

★スマホなどでご覧になる場合、写真のサイズによっては一部が切れて表示されることがあります。写真をクリックすると全体が表示されますのでお試しください。   
       
99年の合宿・・・山梨県大泉村和泉郷の貸スタジオで。窓の外は唐松林です。
98年の合宿・・・宴会中も音楽を忘れない。三連奏でビートルズを弾く。川居、島ちゃん、バンマス

■アラウンズにとっての合宿とは
アラウンズはとても仲のいいバンドです。バンドで仲良くなったのか、もともとの仲良しがバンドをやっているのか、今となっては後者のような気がします。その基礎になっているのが合宿です。24時間、音楽漬け(・・・一説には「酒漬け」との声も)の状態で、1泊2日~2泊3日行動をともにします。
もちろんリハーサルが主体ではありますが、練習曲をどうするか以前に、何を食べるか、誰が鍋を持っていくか、酒は何を用意するか・・・要するに宴会の相談から始まる訳です。
ほぼ12時間練習して12時間宴会するようなイメージです。20代30代の頃は睡眠時間3時間、4時間でひたすら明け方まで練習、というより宴会でしたねえ。その間も音楽の話、歌いながらの大宴会。
最近でこそ寝る時間が人並みになってきましたが、それでも夜中まで音楽談義、人生談義に花を咲かせています。その積み重ねが27年にもわたるバンド人生を支えているのだと思います。つまり、音楽のもと、チームワークのもと、それが合宿だと思います。
そんな、かなりお馬鹿な生態も含めた古い合宿の記録を、写真で川居君が残してくれていますので、映倫カットなしで掲載します。もしメンバーで不都合な写真あれば言ってください。削除します(笑)。

■飲んだら歌う。歌ったら飲む。これが合宿の流儀。
■よく使った泉郷からクルマで数分走ると八ヶ岳の山並みが。合宿を打ち上げ、ドライブの途中。