Party

バンド忘年会・新年会のスナップ
よく食べ、よく飲み、よく歌う!
●1997年忘年会 at 六本木「静」

●1998年新年会 at 赤坂「シェラ」
考えてみたら、97年の忘年会と98年の新年会とは1ヶ月しか間が開いていません。ほんとに宴会好きの仲良しバンドです。

●1999年新年会 at 赤坂「シェラ」

 以下は二次会です

●2003年新年会 at 赤坂「シェラ」

●2005年忘年会 渋谷

●2007年新年会 赤坂「シェラ」 おすし いとうさんに出張していただきました。

●赤坂シェラのこと
このページの新年会フォトにたびたび出てくる「赤坂シェラ」とは、赤坂にあったバーの名前です。残念ながら2007年の3月にお店は幕を下ろしました。赤坂6丁目の住宅街のマンションの階段を上がったところにありました。周りにはそうしたお店がまったくない、いわば隠れ家のようなお店です。ここにAROUNDSの仲間がよく集まりました。静かでおだやかな雰囲気の中で、いい音楽とお酒と会話を楽しむことができる、素敵な店でした。惜しい!

ピアノと大きな無垢の木製カウンターがお店のシンボル。いやお店のシンボルはママの洋子さんですね。音楽が好きで、華やかで、ピュアな魅力にあふれた人です。ラッキーなことに洋子さんはAROUNDSのファンというか応援団長でした。お客様同士も仲がよく、AROUNDSのLIVEにシェラさんチームとして10名以上も参加してくださいました。

AROUNDSメンバーがシェラに集まるようになったきっかけは尾本が作ってくれました。尾本が勤務していた会社のパーティーで、あるときジャズのLIVE演奏がありました。そのときのボーカリスト、今は亡き鈴木博さんの歌声に尾本はすっかり引き込まれ、彼の出演するLIVEにたびたび通うようになったそうです。鈴木さんからは年下の友人として可愛がっていただくようになり、そのご縁で奥様の洋子さんとも知り合いになったそうです。ご主人が亡くなってから数年後に、洋子さんが赤坂に店を開くことになり、尾本が我々を連れて行ってくれ、シェラとの長いお付き合いが始まったわけです。

シェラで最も多く聴いた音楽はご主人の博さんの歌声です。スタンダードの名曲を集めた「Now in the night」というアルバムです。知り合いのジャズマンが繰り返し言っていますが、今生きていたら間違いなくNo.1の男性ボーカリストだと。言葉で語ってもなかなか伝わらないでしょうから、一度聴いてみてください。2曲YOUTUBEで聴くことができます。

AROUNDSに2002年から参加した東方君とは、実はこのシェラのカウンターで会ったのです。お店を通して仲良くなり、シェラさんチームとしてAROUNDSのLIVEにも来るようになりました。そのうちに合宿に参加し、料理の腕が認められてメンバー入りが認められた。料理の腕は確かにすごいのですが、バンド入りの真実は、彼のスティービーワンダーの曲をオリジナルのキーで歌える声域とグルーブ感にほれたからです。彼の参加でAROUNDSのレパートリーがぐっと広がりました。
そしてAROUNDSには、アマチュアバンドにはあり得ないドラマーが、東方君と同じく2002年から参加しています。稲垣貴庸さんです。ビッグバンドを中心に活躍するすばらしいプロフェッショナルです。その稲垣さんが、セカンドドラマーだなんて、なんて贅沢なのでしょう。ばちが当たりそうです。稲垣さんと知り合い、意気投合したのもシェラのカウンターでした。そう、シェラはAROUNDSにすばらしい仲間との橋渡しをしてくれたのです。感謝!感謝!感謝!